アルバイトについて

良い意見
0
悪い意見
22

時間外労働をさせられたという意見が目立ちました。

意見に対する質問と回答

アルバイトに対して、事前の教育や説明されているのですか?

事前に作業テキストを渡し、現場でOJTにより指導を実施します。経験が浅いアルバイトには、困難な作業(大きい荷物など)をさせないようにしております。アルバイト本人の希望、支社の判断により、月1回各支社にて実施している技術講習に参加させる場合もあります。

EPSON MFP image

EPSON MFP image

<出典:引越入門ガイド>

 

時間通り帰れないという口コミが多くありますが、アルバイトの終了時間について教えてください。

引越作業は、作業の進捗・道路の混雑状況・トラブルなどの要因により、作業の完了時間が変わり、必ずしもアルバイトの終了時間が同じにならないのが現状です。本件は、アルバイトの面接時に説明をしております。本人の希望により遅くまで残業が出来ない日がある場合は、作業途中で別のスタッフと交代させる対応をしております。

労働時間の管理はどのようにしているのでしょうか?

指静脈認証(生体認証)による勤怠管理システムを導入し管理をしています。生体認証では本人以外の出勤・退勤処理ができないため、不正処理はできません。

調査を終えて

足立

お客様にとっては、アルバイトであろうが社員であろうが求めるサービスは変わらないため、アルバイトの教育は重要と考えます。お客様にスタッフにアルバイトが含まれることを確実に伝えることで、最低限のクレームは防げると思いました。

山田

アルバイトの勤怠管理については、生体認証を行っており不正処理が困難であり、厳密な管理をしていることが分かりました。

今野

社員教育が充実しているため、どうしてもアルバイトに関しては教育が不足しているように感じてしまいました。物損率が低いため問題ないように思えますが、お客様によっては不安に感じるかもしれません。研修のコスト、アルバイトの定着など難しいと思いますが、アルバイト教育をより充実して欲しいと思います。

井上

アルバイトに関しては、口コミを見た限りでは、過酷で管理もできていない印象でした。調査の結果、教材本とOJTによる教育、退勤時間など、いろいろと心掛けているのが分かりました。勤務時間に関しては、作業の終了時間が前後することをアルバイトに確実に伝えることが重要だと思います。

まとめ

小林
アルバイトの教育に関しては、教材本とOJTにより基本的な教育を実施していることが分かりました。労働時間に関しては、退勤時間を配慮したり、勤怠管理を生体認証で行ったりと、厳密な管理を行っているように感じました